//
沿革・歴史 トップ
東京に青梅あり
倶楽部

倶楽部創設の経緯

  昭和26年サンフランシスコ平和条約締結により、米軍接収ゴルフコースの接収解除、利用緩和となった結果、各地でゴルフ倶楽部が復活し、幾多のゴルフコース場建設計画が立ち上がりました。平成20年に開場50周年を迎えた「青梅ゴルフ倶楽部」もその一つでした。
  コース設計は戦前の鷹乃台GC(現:鷹之台CC)を設計した清木一男氏、倶楽部ハウスは音響建築の第一人者であり早稲田大学・大隈記念講堂の設計者である佐藤武夫氏(後の日本建築学会会長)、施工は浅沼組が担当。クラブハウスは開場後 モダン建築の代表作「青梅銀閣」と評価されました。
  昭和33年11月に土地改良を経て仮開場。初代支配人・初代料理長に廣野GC出身者を登用。翌年34年5月に本開場、日本のゴルフ倶楽部では87番目に誕生した倶楽部であると記録されております。
  当初は18ホールでスタートし、その後9ホールを増設、各コースの改良を加え、東・西・中コース、27ホール、2ベントグリーンとして現在に至っております。
  当倶楽部の形態は株式会社でありますが、1株主・1会員の原則(株主の地位と会員の地位の分離を認めない原則)を頑なに守りつつ、より強固なメンバーシップ制ゴルフ倶楽部を堅持し、今後も魅力あるコース・倶楽部づくりを継続してまいります。
  奥多摩の山懐に抱かれた 青梅の台地に位置し、クラブハウスからは東京スカイツリーも望め、プレー中には富士山・奥多摩の山々の四季を体感できる静かな環境の中で、ゴルフを楽しめます。

倶楽部で開催された主な公式競技

関東プロゴルフシニア選手権昭和44年5月
関東アマチュアゴルフ選手権予選昭和51年4月・平成19年5月
関東倶楽部対抗東京地区予選昭和60年6月・平成11年5月
関東シニアゴルフ選手権予選昭和62年9月・平成5年9月・平成23年7月
ミズノ東京アマチュアゴルフ選手権平成10年7月
多摩シニアオープン平成20年11月・平成21年11月・平成22年10月・平成23年11月
関東ミッドアマチュアゴルフ選手権予選平成22年8月
関東女子倶楽部対抗東京ブロック予選平成23年6月
日本シニアオープン選手権予選平成23年8月

 ※黒字はアマチュア競技